日本アクアスキッパー協会

ご利用案内SITE MAP
CONTENTS MENU
日本アクアスキッパー協会

JASA公認スクール

日本アクアスキッパー協会理事会が認めるJASA公認スクールは、認定証が発行されます。
JASA公認スクール資格は3年ごとに資格更新登録が必要です。手続きを済まされてないスクール代表者は、JASAまでご連絡下さい。

「JASA公認スクールとは」

 スクールを行なう代表者がJASA公認インストラクター資格取得者で、技術・知識・人格に優れ、又スクール開催地の安全性を審査したうえで、日本アクアスキッパー協会理事会が認定する資格です。

「資格の取得」

 JASA公認インストラクター資格取得後、年複数回(協会ホームページにて告知する)行なわれる公認スクール開催の為の研修会を受講し、技術・知識及び開催地の安全性の審査に合格した個人・団体を正式に登録し、JASA公認スクールを運営することができます。

 《 試験の内容:面接・現地審査 》
  研修受講料      10,000円
  審 査 料       10,000円~
  登 録 費       20,000円
  (登録資格は3ヶ年、再登録には以後3年間につき10,000円が必要また、現地の安全性を審査する為、審査料が別途必要)
  アクアスキッパー代金 277,200円(3台)

JASA公認スクール規定

第1条(任務)
JASA公認スクールは、JASA公認インストラクターを配し、広く一般のスポーツ愛好者へアクアスキッパーの技術・マナー・ルール・資源、環境の保護、安全等についての啓発指導を行なうことにより、HPV(Human Powered Vehicle)の普及、発展に努めなければならない。
第2条(資格の取得)
1.JASA公認スクールは、JASA公認インストラクターを配し、日本アクアスキッパー協会が実施する公認スクール開催の為の研修会を受講し、現地の安全性を日本アクアスキッパー協会理事会が審査し、合格した個人・団体に対し、日本アクアスキッパー協会の登録を受け、その資格を取得する。
2.前項の登録の有効期限は3年とする。但し、日本アクアスキッパー協会が実施する研修会を受講し、日本アクアスキッパー協会理事会の審査に合格することにより、更新することができる。
3.JASA公認スクールは、JASA連絡機構に所属しなければならない。
第3条(義務
公認スクールは、指導を行なう場合、その運営を安全、円滑に進めるうえで、以下の点に注意して活動する義務がある。
《保険の加入の義務》
・参加者が傷害保険に加入していること。
・公認スクール代表者、スタッフそれぞれが賠償責任保険に加入されていること。
・賠償責任保険の補償保険金額は、対人1億円・事故2億円以上で十分な補償内容を満たしているもの。
第4条(資格の喪失)
1.JASA公認スクールは、次の各号に該当する時は、日本アクアスキッパー協会理事会の議決を経て、その資格を喪失する。
(1) 日本アクアスキッパー協会の事業を妨げ、又は日本アクアスキッパー協会の名誉を毀損する行為をしたとき。
(2) 規定・議決を無視する等、JASA公認スクールの義務の履行を怠ったとき。
(3) JASA公認スクール資格取得から3年が経過しても、更新の為の受講がされなかったとき。
第5条(心得)
1.JASA公認スクールは、次の事項を遵守しなければならない。
(1) JASA公認スクールの任務遂行を資するために行なわれる各種の研修会に積極的に出席する。